セルフケアについて|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
診療案内

予防歯科

[どうすれば虫歯を予防できるのでしょうか?]

虫歯を作らない一番の予防方法は、原因となる歯垢を口内に残さないよう、清潔に保つことです。ここではご自身で行うセルフケアをご紹介します。

毎日の歯磨き

健康な歯を保つために一番必要なことは、毎日の歯磨きです。
歯を磨く上で、下記のことに気をつけましょう。

●1本1本丁寧に磨く
ブラッシング法

「フォンズ法」
マッサージ効果も高く清掃能力もあります。歯ブラシの先端を歯肉に当て、歯の面に直角に、円を描くように動かします。

「バス法」
歯周病、歯肉炎防止に効果的。歯軸に対し45度の角度で、歯と歯茎の間に毛先を入れ、1mm程度のストロークで前後に毛先が歯と歯茎の境目から離れないように、細かく歯ブラシを動かします。

歯ブラシの使い方 歯ブラシの使い方
プラークのたまりやすい場所 プラークのたまりやすい場所
食後なるべく時間をおかずに磨く
口の中が中性にもどれば、歯垢(プラーク)が増殖する活動を抑えることができる。

歯の表面に付着し、成熟したプラークは細菌群が定着、バイオフィルムになります。

このフィルムは細菌が分泌する多糖体に守られ強力に付着するため、歯磨きでは取り除けません。

歯垢(プラーク)が成熟し、「ネバネバの膜(バイオフィルム)」を作る前なら、歯みがきで簡単に除去できる

●歯間部など、歯ブラシの毛先が届きにくく、磨き残しができやすい箇所のケアには、便利なオーラルケアグッズを使用
デンタルフロス

デンタルフロス デンタルフロスは、通常30センチぐらいの長さに切り、両手の中指か人差し指に巻きつけて使います。デンタルフロスを歯間部に滑らせるように入れ、両側の歯の側面に沿わせて動かし歯垢(プラーク)を除去します。

歯間ブラシ

歯間ブラシ 歯間ブラシには様々なサイズがあるので、使用する部分の隙間の大きさにあったものを選びましょう。
歯間ブラシの毛先が歯を歯肉の境目に当たるように動かし歯垢(プラーク)を除去します。

キシリトールの摂取

シリトールは、欧米諸国など世界各国で虫歯予防に使われており、日本でも1997年4月厚生省(現在の厚生労働省)が食品への利用を認可し、キシリトールガムが大ヒットしています。

キシリトールとは?
●白樺などの樹木から出された成分を原料とする天然甘味料です。(イチゴやほうれん草などの野菜や果物にも含まれ、私たちの肝臓でも毎日作られています。)
キシリトールガムの虫歯抑制、予防効果
  • 虫歯菌がキシリトールを分解しても、虫歯の原因となる「酸」をつくらない。
  • 虫歯菌は、キシリトールを分解する時、ネバネバした物質(バイオフィルム)をつくらない。
    • 歯垢はさらさらしたものとなり、ブラッシングで簡単に落とすことができる。
  • ガムとして噛むことによる唾液の分泌の促進
    • 唾液の清浄作用・緩衝能(お口の中の酸性度を中和する力)が高まる)
    • 唾液に含まれるリンやカルシウムも多くなり、歯の「再石灰化」の働きも強まる。

フッ素洗口

フッ素歯を溶かす酸に対しての抵抗力を強化する効果があり、歯に塗ったり、口内を洗うことで虫歯予防が出来ます。

マウスウォッシュやデンタルリンスなどという洗口液でうがいを毎日行う虫歯予防法をフッ素洗口といい、ご家庭で簡単にできます。

食習慣

食事は虫歯を予防する上で気をつけなければいけない重要なことです。以下のことに注意してください。

  1. 甘いものを摂取しすぎない (糖分は虫歯菌を活発、増幅させます)
  2. だらだら食事をしない (口内が酸性になっている時間が長くなります)
  3. バランスの良い食事をする (虫歯菌への抵抗力を強化する)
  4. しっかりゆっくり噛んで食べる (唾液の分泌を促し、口内の殺菌・洗浄効果を高める)
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.