虫歯ができるしくみ|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
診療案内

予防歯科

[どうして虫歯になってしまうのか?]

歯を守るためにはまず攻撃してくる「敵」を知ることです。
歯科の二大疾患は「虫歯」、「歯周病」です。この主な原因は細菌のかたまりである「歯垢(プラーク)」です。 ここでは、口内に存在している多くの細菌の中から「虫歯菌」の活動を例に、虫歯のしくみを見てみましょう。

虫歯菌の活動の様子 虫歯菌の活動の様子ポイント

口の中の働き

脱灰・再石灰化

歯の健康は、口内の
酸が歯を溶かす「脱灰」
歯を守る「再石灰化」がバランスよく取れていることです。
虫歯は何らかのへ原因で歯を溶かす方が強くなると、歯の表面からカルシウムが溶け出すことで始まります。

「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れる例
歯垢の酸性度は、通常中性になっていますが、糖分を取り入れると口内は酸性に変化します。
下図のように、酸性の時間が長くなると、虫歯になりやすい状態が続くということです。
特に、寝ている間は唾液がほぼ出ないため、寝る前の間食で酸性のままだと、再石灰化が行われず虫歯になる危険性が高いです。
規則正しい食習慣
規則正しい食習慣
規則正しい食習慣
不規則な食習慣

このように、いくつかの条件が揃うと、
虫歯ができてしまうということがわかりました。
虫歯の4条件 虫歯を作らない為に、上記の条件が揃わないよう下記のことに気をつけ、予防に取り組みましょう。
?歯垢を取り除く?丈夫な歯をつくる?糖質の取り方

Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.