歯周病について|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
診療案内

歯周病

[「歯周病」とはどんな病気?<歯周病の実態>]

「歯周病」という言葉を、ここ近年、テレビ等でよく耳にしますよね。
どうして「歯周病」がこれだけ騒がれているのでしょうか?
そんな中、「歯周病」について、意外に知らない方が多いと思います。
ここではまず、「歯周病とはどんな病気」かをお話しします

歯周病チェック

  • 歯肉から血が出る
  • 歯肉が腫れた
  • 歯がぐらぐらする
  • よくかめない
  • 歯がしみる
  • 歯肉の色が悪い
  • 口臭がする
  • 歯ぐきが下がって歯が長くなった
  • 年をとるにつれ歯並びが悪くなった
  • 歯が浮いた感じがする

歯周病とは「歯ぐき」と「歯を支えている骨」の病気です。

図:歯垢(プラーク)

歯周病の原因は「歯垢(プラーク)」です。

歯周病とは、歯の表面に付着した「歯垢(プラーク)」の中にいる「歯周病菌」が、歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織(歯ぐきや歯を支えている骨など)に炎症をもたらす感染症です。

歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏などを総称して「歯周病」といわれてます。

歯垢(プラーク) 歯と歯肉の間にたまる乳白色で粘性のある細菌のかたまりです。歯垢1mg中に1〜2億ほどの細菌がいると言われており、糖分を栄養として増殖する。
歯石 歯に長時間付着した歯垢が、唾液中のカルシウムと混ざって石灰化したものです。栄養を含み、表面に凹凸がある為、細菌や歯垢が更にたまりやすくなる。
歯周ポケット 歯垢の侵入により、歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)の深さが2mm以上になってしまった状態。

歯周病の症状と進行の様子

歯周病の症状と進行の様子

歯周病で溶けてしまった歯槽骨は「元に戻らない」

このように歯周病の症状が進行すると、歯を支えている「歯槽骨」が溶けてしまいます。
歯槽骨が溶けてしまうと

  • 歯槽骨は元には戻らない(現在では症状により再生療法で可能な場合もあり)
  • 歯槽骨を削ってつめるなど、補修することが出来ない
  • 歯が抜けてしまう

よって、歯周病は放っておくと、最終的には歯を失ってしまうことになるのです。

歯周病になったことに「気付かない」

歯周病の無自覚率

初期の歯周病は、「痛み」を伴いません。

ほとんどの方は「歯医者は、歯が痛くなったら行くところ」という概念を持っているため、この段階で歯医者さんには行きません。自覚症状が現れた時には、すでに症状が進んでいる場合が多く、

早期発見が非常に難しい病気なのです。

歯周病は世界一患者の多い「感染病」

歯周病の状況

平成17年に実施された歯科疾患実態調査によると、15歳以上の人の約32.6%が歯周病にかかっています。これを患者数に換算するとなんと3700万人以上。
(平成17年歯科疾患実態調査と平成19年3月総務省統計局人口推計月報から推定値を計算)。

さらに、歯周ポケットは4mm未満でも、『出血がある』とか『歯石がある』などの軽い歯周病の人を加えると、

15歳以上の有病率は74.12%、患者数は8000万人以上にもなるのです。

このような様々な理由から、「歯周病」とは、歯を失ってしまう可能性が最も高い、
大変怖い病気なのです。

Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.