乳歯の虫歯予防について|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
診療案内

小児歯科

[子どもの虫歯予防はどのようにすればよい?]

お口の中を清潔にすることが虫歯予防で最も大切なことです。
ただ、お口の中が日々成長と共に変化していくお子さんは、自分でケアしていくことは困難なため、
ご両親のお二人がしっかりとフォローしていく必要があります。

歯磨き

毎日の歯磨きが一番の予防法なのは間違いありません。
成長に合わせて、時期に適した歯磨きを行ってください。

成長段階 お子さん お母さん
成長段階 お子さん お母さん
乳児期 舌には白っぽいカスが時々たまります。 水やぬるま湯で湿らした布でカスを拭き取ってください。
生後7〜8カ月 前歯が生えてきます。 歯の汚れを布やガーゼなどで拭き取ってください。
生後1年〜 歯の数が増え、揃い始めます。 歯磨きを開始します。歯ブラシを使って磨いてあげてください。
3歳〜 自分で歯磨きを開始します。 当然まだ上手で磨けないので、お母さんも手伝い、歯磨きをした後はよくチェックしましょう。
5歳〜 毎食後(朝・昼・晩)「1日3回磨き」をさせましょう。 仕上げ磨きで、磨き残しがないかよく見てあげてください。
六歳臼歯が生えてくる頃 強く大きい六歳臼歯が生えてきます。 六歳臼歯は食べカスもたまりやすく虫歯になりやすいので気をつけて磨くようにしましょう。

寝かせみがき
立たせみがき 乳歯の虫歯になりやすいところ
六歳乳歯の生える場所・上手なみがき方

フッ素塗布

虫歯予防に高い効果を発揮するのが「フッ素」です。フッ素は歯を強化したり、虫歯菌を抑える働きがあります。

綿球法 トレー法
フッ素の虫歯抑制効果

シーラント

シーラントで溝埋め

六歳乳歯はシーラントを埋めて虫歯を予防しましょう

生活習慣で気をつけること

食生活
バランスの良い食事
よく噛んで食べる おやつは量と時間を決めて
クセ
歯ならび・かみあわせを悪くするクセ

乳歯は非常に影響を受けやすく、お子さんの行動の特徴でもある指しゃぶりや歯ぎしり、のど・はなの病気による口呼吸などのクセにより歯並びやかみ合わせが変化します。お子さんがこのようなクセをしているのを見つけたら、止めるように注意してください。止まらない時はお気軽に医師にご相談ください。

小児歯科のことを色々と記載してきましたが、ご理解頂けましたでしょうか?
大切なのは、

  1. お母さんたち大人が「将来のお子さんのことを考えて」、虫歯の予防や治療についての正しい知識を身につけ、お口の中を管理してあげること
  2. お子さんに歯の大切さを理解してもらい、自発的にケアができるように導くこと

ただ、お子さんにここまでのことを理解してもらうのは難しいです。

当院では、まずお子さんに「歯医者さんに行くと何か嬉しいことがある」感じでもらうことからスタートします。

  • みんなが笑顔で迎えてくれる
  • 楽しいおもちゃで遊べる
  • アニメなどのDVDを見ることができる
  • 頑張ればプレゼントがもらえる

そして少しずつ、
「自分が良いこと(虫歯の治療・予防)をしたから、嬉しいことがあるんだ」→「歯を大切にすうrことは良いことなんだ」
と本来の目的が意識出来るように、心の成長もフォローしていきたいと考えております。

是非一度、お子さんの歯の事でお悩みであれば当院にご相談くださいませ。

Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.