乳歯の特徴について|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
診療案内

小児歯科

[お子さんは虫歯になりやすい]

虫歯になりやすいのは永久歯に比べ、乳歯の方がなりやすいと言われています。その理由は、お子さんの口の中は虫歯菌が好む条件が揃っていることが原因です。

詳しくは「予防歯科」虫歯になるしくみ

乳歯について

乳歯は上下で20本、生後6ヵ月頃から生え始め、2歳頃で生え揃います。その後、6歳頃から永久歯へ変わっていきます。
生える時期・抜ける時期

乳中切歯・乳側切歯・乳犬歯・第1乳臼歯・第2乳臼歯

乳歯と永久歯のしくみ。乳歯は永久歯に比べ、エナメル質も象牙質も半分の厚さしかなく、抵抗力が弱い為、虫歯になりやすく、進行が早い。

乳歯は生えかわるから「虫歯になっても大丈夫なのでは?」

体の成長と共に、顎も成長していきます。
だいたい6歳頃を境に、乳歯から永久歯へのその成長に合わせ生え変わっていきます。
永久歯は主に元々あった乳歯を目印に生えてくるのが通常ですので、例えば、乳歯の時点でひどい虫歯になると、将来の永久歯の歯並びが悪くなってしまう場合もあり、
乳歯時代の状態が将来生えそろう永久歯に大きく影響します。
ですので乳歯でも、
・歯の表面が白っぽくなっていないか ・黒くシミになっていないか ・歯の溝が黄色くなっていないか
など観察してください。

6才のあごの様子
歯並びが悪くなる例

上記の状態は虫歯の兆候です。この時点で受診されれば治療がまだ簡単に済みます。
お子さんの将来にとって、虫歯を早期に発見、治療することがとても大切になります。

Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.