ホワイトニングについて|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
診療案内

審美歯科

[ホワイトニング]

最も希望の多いのが「歯を白くしたい」というご要望です。 現在では「ホワイトニング」の認識も広がり、若い女性だけではなく、老若男女、様々な方がご希望されています。以下から、ホワイトニングをこれから始めよう、検討中の方にホワイトニングについて説明していきます。

ホワイトニングの原理"

簡単にいうと、薬を使って歯の表面を漂白することを「ホワイトニング」といいます。
では、歯がどのような原理で白くなるかですが、

歯の構造

歯の構造
中に黄褐色の象牙質があり、その周りである歯の最表層が人体の中で一番固い組織である「エナメル質」で覆われています。

歯が変色する原因

  1. 1.着色
    エナメル質はほとんどが無機質で構成されているが、わずかに有機質の部分があり、その有機質が着色し、歯の変色となって現れる。
    ●外因性着色
    食品に含まれる色素の付着。
    (*クリーニングだけで改善する場合もあります)
    ●内因性着色
    病気や外傷、又は、薬剤の副作用等により、歯自体に染み込んだ着色。
    (*ホワイトニングだけで改善することが困難な場合もあります)
    2.加齢
    エナメル質は次第に磨り減って薄くなる一方、象牙質は第2象牙質を形成して象牙質の厚みを増すため、加齢とともに色が次第に目立つようになる。
    3.遺伝
    肌や髪の色同様、歯の色も遺伝する。
  2. ホワイトニング剤を歯の表面に塗布
    ホワイトニング剤の主成分
    過酸化水素/過酸化尿素
  3. 歯の表面の色素を無色透明にする
    ホワイトニング剤の主成分は、高温になると酸素と水に分解され、この時に発生する酸素が歯のエナメル質の色素と結びつき、色素は無色透明に分解される。
    歯の表面の構造を変化させる
    ホワイトニング剤に主成分は、エナメル質の表面構造を変化させ、象牙質の色が透けないようにする(マスキング効果)。この効果により、歯が本来の色よりも白く見えるようになる。
  4. 歯が白くなる!

ホワイトニングは誰でもできるの?

ホワイトニング効果が期待出来ない状態、薬剤による副作用の可能性がある場合を除き、基本的には可能です。

■ 虫歯やひび割れがある歯
悪化する場合があるため、事前に治療を行ってください。
■ 歯周病がある場合
悪化する場合があるため、事前に治療を行ってください。
■ インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)の変色
ホワイトニングは人工歯に対して行うことは出来ません。別のインレーやクラウンを交換し白くする必要があります。
■ 妊婦
問題は特にないですが、はっきりとしたデータがあるわけではないので、妊娠中は行っていません。どうしてもという方は、一時的なものにはなりますが、歯のマニキュアが良いかと思います。
■ その他
  • 歯の変色が非常に強い場合
  • 金属による歯の変色
  • 歯の神経(歯髄)が死んでしまっている歯
これらに対しては、ホワイトニング効果が十分出ない場合があります。その場合、他の治療をご提案します。
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.