他の治療との違い|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
診療案内

インプラント

[他の治療との違いは?]

歯を失ってしまった場合、 これまでは「ブリッジ」や「入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)」が代表的な治療法でした。 ここでは「入れ歯」などを用いた従来の治療と、インプラント治療の違いについてご説明します。

「入れ歯」など用いた従来の治療と、インプラント治療の違い
  従来の治療 インプラント
歯を一本
失った場合
ブリッジ

失った部位の両隣の歯を削り、義歯のブリッジを被せて固定します。

ブリッジ2

歯のない部分にのみ人工の歯根(フィクスチャー)を埋め込み、歯(歯冠)を取り付けます。

歯を数本
失った場合
ブリッジ

失った部分の歯の両隣の歯に留め金をかけて義歯を固定します。

ブリッジ

失った部分の歯の数のインプラントを埋めます。

歯を全部
失った場合
ブリッジ

歯茎の上から、歯茎を覆うように作られた義歯を被せます。

ブリッジ

数本のインプラントを埋め込み、入れ歯を顎の骨に固定させます。

「入れ歯」など用いた従来の治療と、インプラント治療のメリット、デメリット
  従来の治療 インプラント
メリット
  • 一般的で簡単に治療を受けることができる
  • 保険が適応されるものもある
  • ブリッジは固定式のため、装着しても違和感があまりない
  • 自分の歯のようにしっかり良く噛める
  • 違和感がない
  • 見た目が自然
  • 隣の歯への負担がない。
デメリット
  • 隣の歯への負担が大きい
  • 発音に問題がでる場合がある
  • 歯の抜けた部分の骨がヤセていき、その都度装置の調整が必要
  • 食べ物が挟まり、口の中が不衛生になりやすい
  • 入れ歯の場合、見た目や装着に違和感を感じたり、固い食べ物に苦労する場合がある
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 全身や歯周組織に問題がある場合など、治療ができない場合がある
  • 保険が適応されない
  • 入れ歯やブリッジに比べ費用が高額

*治療費は、症状や治療法、インプラントの種類などで異なります。詳細は直接医師にご相談ください。尚、インプラント治療の費用は医療費控除の対象となります。

このように、インプラントの魅力は、周りの健康な歯を傷つけずにきれいな歯を手に入れることができ、さらに従来の入れ歯やブリッジとは違って、違和感や異物感に悩まされることなく、しっかりと噛める、自然で美しい「歯」を手に入れる事が出来ることです。

Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.