イミディエートローディングとは|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
インプラント用語解説

基礎から最新トピックスまで

天川歯科クリニックHOMEインプラント用語解説イミディエートローディング

イミディエートローディング

Immediate occlusal loading:即時咬合荷重
インプラント埋入後の臨床術式で、即日に対合歯との咬合接触のある状態で固定性または可撤性の補綴物を装着すること。

(glossary インプラント用語集 監訳:田中 收 ゼニス出版 より)

オールオンフォーによる仮歯の装着

Dr天川の解説

イミディエートインプラントプレースメントと並ぶ最近のトレンド。
インプラント埋入直後に咬合(噛む)できることはインプラント治療をする者にとって長年の夢だった。
というのも偉大なブローネマルクインプラントのマニュアルに下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月の免荷期間をおくことと定められていたから。
昨今のインプラントの進化と技術の向上、および経験の蓄積により、どうやら荷重をかけても「だいじょうぶみたいだ」という具合になってきた。
但し、数本のインプラントでクロスアーチスプリント(前歯と左右の臼歯をぐるりと連結する)する。
オールオンフォーのこの術式の一種。

◇メリット
  • 埋入直後から噛める
◆デメリット
  • 最後方のインプラントがロストすることがある(要は骨とくっつかない)
 
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.