下歯槽神経移動術とは|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
インプラント用語解説

基礎から最新トピックスまで

下歯槽神経移動術

Nerve repositioning:下歯槽神経移動術
同・類:Nerve Iateralization, Nerve transpositioning.
臼歯部の顎堤に広範囲の吸収がみられる場合、下歯槽神経の経路を変えることで下顎により長いインプラントを埋入できるようにする外科手術。

(glossary インプラント用語集 監訳:田中 收 ゼニス出版 より)

Dr天川の解説

下顎にインプラントを埋入するときに最大の障害が 下顎神経である。
下歯槽神経移動術はじゃまなら横にずらしてしまえば良いという非常に大胆な術式。
なにがなんでもインプラントがしたい患者さんと非常に高度なテクニックを持つDrの組み合わせでしか成立しない手術。

◇メリット
  • 下顎神経という最大の障害がなくなるので極度に吸収した顎堤でもインプラントが可能
◆デメリット
  • かなりの確率で神経麻痺がでる。

注:僕は1度だけDrグッテンバーグ(米国の口腔外科医)が執刀したOpeを見た事があるが自分では絶対にやりたくない。

 
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.