グラフトレスソルーションとは|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
インプラント用語解説

基礎から最新トピックスまで

天川歯科クリニックHOMEインプラント用語解説グラフトレスソルーション

グラフトレスソルーション

Glossary 記載無し

下顎のオールオンフォーによる傾斜埋入

Dr天川の解説

患者さんが大変な(Drも大変な)大掛かりなボーングラフトサイナスリフトをしないで、短いインプラントを使ったり、インプラントの向きを3次元的にコントロールし傾斜させて埋入することにより処置をおこなうという最近のトレンド。
CTで骨形態を把握することが重要。

ショートインプラントではフランスのDrフランク・レノア、傾斜埋入ではポルトガルのDrパウロ・マロ(オールオンフォーの考案者)が有名。

 
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.