サイナスリフトとは|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
インプラント用語解説

基礎から最新トピックスまで

天川歯科クリニックHOMEインプラント用語解説サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

Sinus graft:上顎洞骨移植
同・類:Maxillary antroplasty, Sinus augmentation, Sinus elevation, Sinuslift, Subantral augmentation.
インプラント埋入に備えて自家骨や代替骨により上顎洞底の骨増生を行うこと。

(glossary インプラント用語集 監訳:田中 收 ゼニス出版 より)

Dr天川の解説

上顎洞底までの距離が1mm〜5mm程度のとき使用する方法。
サイナスリフトといえば通常は上顎洞側壁からアプローチするラテラルウォールテクニックをさす。
骨補填材の種類にかかわらず成功率は高い。
逆にいえば自家骨100%でもHA100%でも変わらないので 自家骨をつかう必要が無い。
サイナスリフトで自家骨を採取するという説明をうけたら なぜ?とよく聞いてみたほうがいい。

◇メリット
  • 骨の高さが1mm程度でも2回法(1次手術としてサイナスリフトを行い2次手術でインプラント埋入を行う)で行えばインプラント処置が可能
◆デメリット
  • 顔が腫れる(ステロイドの投与で対処は可能)
  • テクニック的にはやはり難しいので術者を選ぶ
 
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.