オステオトームテクニックとは|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
インプラント用語解説

基礎から最新トピックスまで

天川歯科クリニックHOMEインプラント用語解説オステオトームテクニック(ソケットリフト)

オステオトームテクニック(ソケットリフト)

Osteotome technique:オステオトームテクニック

  1. 上顎洞底挙上術の術式のひとつで、歯槽堤内に形成し拡大したインプラント床よりオステオトームで上顎洞底部の皮質骨を慎重に骨折させ、シュナイダー膜を拳上する。
  2. インプラント床の側壁の外科的な拡大. 移植を行う場合と行わない場合がある。

(glossary インプラント用語集 監訳:田中 收 ゼニス出版 より)

オステオトーム

Dr天川の解説

1の意味で用いる場合はソケットリフトという。 上顎で洞底までの距離が5mm〜10mmのとき用いる方法。 だいたい3mmから5mmぐらいは挙上できる。
それ以上挙上したい場合は ラテラルウォールテクニック(いわゆる通常のサイナスリフト) を用いる。

◇メリット
  • ラテラルウォールテクニックサイナスリフトにくらべ侵襲(生体に対する影響)が少ないのが特徴
◆デメリット
  • 洞粘膜の状態を直視できないので粘膜が破れても気づきにくい
  • マレット(とんかち)でオステオトームを叩くので 頭に響く
 
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.