フラップレスインプラントについて|所沢市でCTスキャン完備によりインプラント治療のできる【天川歯科クリニック】

埼玉県所沢市でインプラントなら天川歯科クリニック サイトマップ お問合せフォーム トップページに戻る トップページに戻る
[フラップレスインプラント]
→インプラント用語解説/フラップレスインプラントとは

術前

骨の幅が十分にある方ですので、フラップレスでインプラントの埋入を行います。
(もちろん事前にCTスキャンで骨の幅は確認しています)

 

ガイドピンの挿入

歯肉パンチでインプラントの直径分の歯肉を切り取り、ガイドピンを挿入しCTスキャンで方向を確認します。

 

CTスキャンで方向の確認

ガイドピンを挿入した状態でCT撮影を行い方向を確認します。
この症例では方向は良さそうなのでこの方向でドリルしていきます。

 

術後にCTで確認

術後はもう一度CT撮影を行いインプラントの埋入方向や深さの最終チェックを行い手術は終了です。

 

インプラントが埋入された

歯肉はこれだけしか切らないので痛く無く、腫れないインプラント手術が実現できました。CTスキャンが無いと骨の形態が把握できません。 天川歯科クリニックではインハウスCT(院内設置)により、術中にCTがとれますから安全にインプラントの手術が行えます。 また、このフラップレスの術式を数十例行いましたが、いまだ痛みや腫れを訴えた患者さんは おりませんので、できるだけこの方法で行うようにしております。

 
Copyright AMAKAWA DENTAL CLINIC. All rights reserved.